• ホーム
  • クラビットのジェネリックはインターネットを使えば個人輸入できる!

クラビットのジェネリックはインターネットを使えば個人輸入できる!

悩んでいる男性

クラミジア感染症は抗菌薬を服用して治療することができますが、いくつかの種類の抗菌薬が有効です。クラビットもクラミジアに有効な抗菌薬のひとつで、この薬の有効成分はニューキノロン系抗生物質のレボフロキサシンです。ニューキノロン系抗生物質は病原菌が細胞分裂をするためにDNAの複製をつくる作用を阻止することで、抗菌効果を発揮します。他の抗菌薬を服用しても治療に失敗した場合などに、クラビットが使用されます。

レボフロキサシンは医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、この成分が配合されたクラビットやジェネリック医薬品は一般向けには販売されていません。クラビットを購入するためには、病院で医師の診察を受けて処方箋を出してもらう必要があります。病院などで診察を受けずにクラビットを入手したい場合は、海外から個人輸入する方法があります。個人的に服用する目的であれば、処方箋がなくても海外から薬を個人輸入することが認められているからです。クラビットやレボフロキサシンが配合されているジェネリック医薬品についても、海外向けに販売されている製品を個人輸入を利用して購入することができます。

レボフロキサシンが配合されたクラビットやジェネリック医薬品を海外から個人輸入する場合は、日本人向けに医薬品の輸入代行サービスをおこなう会社の通販サイトを利用すると便利です。医薬品を専門に扱う個人輸入通販サイトは日本語ページが用意されているので、国内のオンラインショップを利用するのと同じように簡単に薬を注文することができます。商品をカゴに入れてから最後に支払い手続きに進み、クレジットカードや銀行振込などで代金の支払いをすれば商品が発送されます。

通販サイトで注文した薬はシンガポールや香港から民間の宅配サービスや郵便などで発送されるので、手元に届くまでに1~2週間ほどかかります。病気になってから注文すると薬が届くまでに病状が悪化する恐れがあるので、病気になる前にまとめ買いをして備えておくと安心です。

個人輸入通販サイトでは値段の安いジェネリック医薬品が扱われているので、安い費用で薬を購入することができます。自分で薬を購入する場合は健康保険が使えないので全額自費負担になりますが、ジェネリック医薬品を選んだりまとめ買いをすれば割引料金で購入できます。個人輸入通販サイトを利用して入手した薬で治療をすると健康保険は使えませんが、所得税の医療費控除が適用される場合があります。支払った医療費の合計が年間あたり10万円を超えると所得税から控除されるので、カードの明細書や領収書などを保管しておくようにしましょう。