• ホーム
  • クラミジアを安く治すためのアジーを買う前に副作用を知っておこう

クラミジアを安く治すためのアジーを買う前に副作用を知っておこう

性器クラミジアに感染してしまった場合は、初期症状であればジスロマック(アジスロマイシン錠)を服用するだけで治療することができます。個人輸入通販サイトを利用して薬を入手すれば、病院に行かずにクラミジアを治すことが可能です。

個人輸入する方法で治療薬を入手する場合は、先発医薬品ではなくて安価で販売されているジェネリック医薬品のアジーを選んだ方がお得です。アジーは病院で処方されるジスロマックと同じ効果があり、副作用が少なくて安全性が高い薬です。実際に安い費用でクラミジアを治す目的で、個人輸入通販を利用してアジーを購入する人は少なくありません。

アジーはジスロマックと同じように性器クラミジアの治療効果があり、副作用が少なくて安全性が高い抗菌薬です。それでも体質によっては副作用が出る場合があるので、購入する前に知っておくようにしましょう。アジスロマイシンは医療用医薬品なので効き目が強いですが、手軽に購入できる市販薬よりも強い副作用が出る場合があります。

アジー(ジスロマック)の主な副作用は、下痢などの消化器系の症状です。一般的に抗菌薬(抗生物質)は腸内細菌を殺傷するので下痢を起こしやすいことが知られていますが、アジーは別のメカニズムで消化器系の症状が出る場合があります。アジーの有効成分のアジスロマイシンは、腸の活動を活発にさせる消化管ホルモンのモチリンと呼ばれる物質と分子構造が似ています。このため、アジスロマイシンを服用すると体が消化管ホルモンと誤認して腸が活発に活動してしまい、下痢を起こしてしまう場合があります。マクロライド系抗生物質が消化管ホルモンと似た働きをすることをモチリン様作用と呼び、服用して数時間後に血中濃度がピークを過ぎると収まります。

呼吸器・耳鼻科・歯科などでアジスロマイシン錠が処方される場合は、500mg錠を3日間に分けて服用します。これに対してクラミジアの治療をする場合は、アジーの1000mg錠1個または500mg錠2個を1度に飲む必要があります。歯科医院などでジスロマックを処方されて服用しても副作用が出なかった場合でも、クラミジアを治す場合は1度に服用する量が多いので下痢の副作用が出やすくなるので注意が必要です。

アジスロマイシンは安全性が高い抗生物質ですが、まれに発疹・じんましん・皮膚の痒みなどの副作用が出る場合があります。アトピー性皮膚炎の患者が服用すると皮膚の痒みの症状が悪化する恐れがあるので、アレルギー体質の方が服用する場合には注意が必要です。